国公立大学の医学部は、私立に比べて授業料が低いという点が大きな魅力です。
そのため受験では倍率が高く、偏差値に関してはどの大学の医学部も高いと言えます。
私立に関しては授業料が高く、偏差値は学校によって大きく異なっています。受験という点で国公立と私立を比べてみると、受験科目と受験の回数について大きな違いが見られます。
国公立では共通テストを受け、その後各大学が独自で行う2次試験を受験しなければなりません。
共通テストでは5教科受験しなければならないケースが多く、私立の場合には学校によって受験科目は異なります。
科目数が減るため勉強に関する負担が軽減できると思われがちですが、わずかの得点差で不合格になる可能性があるので、得点を得るためにハードな勉強が必要です。

いずれの場合でも、受験対策を万全に行う必要があります。
塾など教育施設を利用しようと思ったら、塾との併用もできるこの予備校の利用が最適です。
東大生がバックアップしてくれるので心強く、メンタル面のフォローもしてくれます。